国会で予算が成立しました!5/1から開始いたします!

こんにちは、佐賀県のくいしんぼう行政書士。江口隆介です。

コロナウイルスで売り上げが極端に落ちた事業者。特に飲食業の皆さん!

皆さんを助けるために国が給付金(返さなくていいお金)制度が作られました!

その名も持続化給付金!

これはコロナウイルス騒動で売り上げが去年と比較して半分以上落ちた月がある事業者の方を対象として。個人事業主、フリーランスへは最大100万!中小企業へは最大200万円が給付されます。

休業補償の話が進まない中、この給付金は非常にありがたいものではないですか!?

そして申請してから最速2週間で振り込まれるという他の補助金や貸付ではありえない速さも考えると、すぐにでも申請したいと考えられている個人事業主、中小企業の社長さんは多いと思います。

またこの給付金は一定の要件を満たせばキャバクラやクラブで働く人も受け取ることが可能です。名指しされ売り上げが激減している現在、生活費の為にもありがたくないですか?

*5/5追記。経済産業省に問い合わせたところ性風俗産業の従事者でも一定の要件を満たせば申請可能です。

*5/13追記。5/11に国会内で上記の件について中小企業庁長官が認めました。性風俗産業の従業員も一定の要件満たせば申請可能です。

ただ、この給付金はあくまでコロナウイルスの影響で売り上げがさがった人、法人への給付です。

後で不正受給が発覚すると給付金の返還(加算金もつきます)。名称の公表。さらには刑事告訴と厳しい処分が下されますので不正受給は絶対にやめてください!

当事務所にご相談いただければ、給付を受けられるのか?給付額はいくらなのかの算定などを含めて申請をお手伝いいたします!

申請にわずらわされず、本業に集中する為。また申請前にぬか喜びをしない為にも一度ご相談ください。

必要書類

持続化給付金を受け取るためには以下の書類が必要になります。

1.昨年分の確定申告書の控え(収受印や受付日時の記載があるもの)
*法人の方はそれに加えて法人事業概況説明書(2枚分)
*収受印がない場合、納税証明書(自宅でetaxで申請した場合は受信通知でも可)
が必要です。

2.売り上げが減少した月の売上台帳

3.身分証明書、振込先口座の通帳のコピー(振り込みを希望する本人名義のものに限ります)

*19年度開業の方などは特例を受ける為には別の書類が必要になりますので詳しくはお問い合わせください。

給付金を受け取るまでのスケジュール

1.必要書類をそろえてください。分からない場合は当事務所までお電話ください。

2.当事務所にお電話ください。事務所にご訪問いただくか、こちらが訪問するか、などを含めてお会いする日時を決定します。

3.お会いした際に書類がそろっている場合はその場で申請手続きを行います。そろわない場合はご相談ください

4.申請内容に問題がなければ2週間ほどで給付金を受け取れる予定です。
*現在提出書類の不備が多数あったためか全体的に給付まで時間がかかっているようです。

料金

着手金・・・個人事業主やフリーランスは5万円。中小企業は10万円

*他納税証明などの取得代行費用は別途

最後に

今回の騒動は騒動の域を超え、令和恐慌ともなりかねない状態になってきています。

ただ、徐々にコロナウイルスの弱点、薬、ワクチンも発見されており、希望も見えつつある状態です。

ただ、見えつつある状態こそが一番不安定な状態でもあります。

希望が見えるまでのいましばらくの間をこの給付金で乗り越えることができれば、その後大きく飛び立つことができるかもしれません。

そのお手伝いを私ができればこれ以上の喜びはありません。

繰り返しになりますが、不正受給は給付金の返還だけでなく、名前の公表など大きなペナルティを科されます。

不正受給を防ぐためにも当事務所にご相談ください。

電話番号(0954-62-6175)または下のお問い合わせフォームからお待ちしております。